Molecular Devices

Application Note:SpectraMax iD5 マイクロプレートリーダーを用いた高感度デュアルレポーターアッセイによるNF-κB 活性化のモニタリング

 

レポーター遺伝子は、多様なシグナル伝達経路や病態に関わる遺伝子の代わりとして用いられ、遺伝子発現の研究にとって重要なツールです。ルシフェラーゼは最も一般的なレポーター遺伝子です。その理由はルミノメーターや発光マイクロプレートリーダーで容易に検出できる点や、細胞内の発光バックグラウンドが低く、高感度なアッセイが可能な点にあります。ホタルルシフェラーゼは、通常、対象とする遺伝子の発現を検出するために用いられます。一方、ウミシイタケRenilla reniformis に由来するルシフェラーゼは、多重化ルシフェラーゼアッセイにおける第2 のレポーターとして用いられ、トランスフェクション効率や細胞生存率などのサンプル間のばらつきを標準化するために使用されます。このアプリケーションノートでは、DuoLuc Reporter Assay Kit とSpectraMax iD5を用いて、哺乳動物細胞モデルにおけるNuclear Factor-κB(NF-κB)の活性化を検出する方法について説明します。


  

下記をご確認の上、必要事項をご入力の後、送信ボタンをクリックしてください。
次のページにてアプリケーションノートをダウンロードできます。

 

By submitting your details, you confirm that you have reviewed and agree with the Molecular Devices Privacy Policy, and that you understand your privacy choices as they pertain to your personal data as provided in the Privacy Policy under “Your Privacy Choices”.